キャッシング

2011年07月18日

高血圧には塩分控えめが必須?

当サイトだけの限定オリジナル豪華特典をプレゼント中!
>>詳細は【悩み解決情報レビュー特典館】をご確認下さい。

 

簡単にできる高血圧改善法教材藤城式食事療法 とは?

高血圧には塩分控えめが必須?

今年は例年以上に寒暖の差が非常に激しいですが、

この時期、急な気温の変化によって、血圧の上昇が激しくなり、

脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしやすい時期だとも言われています。

まずは自分の血圧を知っておくことは重要です。

正常値は上は130以下、下が85以下です。

計った結果、もし血圧が高めであったら多分あなたはとりあえず、常識となって

いる塩分を控えて、運動してそれでも血圧が下がらなかったら病院に行こう!

と思っていませんか?

ひらめき
高血圧は放っておくと動脈硬化の要因となり、改善しないと最悪生死に関わる

事態も招きます。

だからひとまず塩分と控えめにして・・・
ちょっと待って下さい。

その前に下記を見て下さい。


実は塩分を取ると必ず血圧が上がるという科学的根拠はありません。


1.食塩を取ると血圧が上がる人=食塩感受性


2.食塩を取っても血圧が上がらない人=食塩非感受性


***********************************************************************************************
日本では長い間「過剰な塩分摂取が高血圧原因」だと考えられてきました。

しかし、日本の研究機関在籍者では初めてとなる『米国心臓協会Corcoran 賞』を

受賞した東京大学医学部の藤田敏郎教授の研究(1995年)によると、人間には

2種類のタイプがあるとわかったのです。


***********************************************************************************************

■下記のグラフを見て下さい

藤城式食事療法公式サイト

なんと、塩分を取って血圧が上がる人は20%で、残りの50%〜80%の人は、
いくら塩分を摂っても血圧は上がらないのです。


***********************************************************************************************
今のところ、日常的に簡単に食塩感受性を測る方法はないので、だれでも食塩を

減らしたほうがいいとされている。

     (厚生労働省ホームページ「生活習慣病を知ろう・高血圧」より引用)


***********************************************************************************************
つまり「食塩を減らしたほうがいい」とは減らしたら良くなるとは断言して
いないのです。



「でも、医者には塩分を控えろと指導されてるけど?」

医者がなぜ減塩減塩と指導するのだろう?<<公式サイトで確認はこちら

処方された降圧剤を飲み続けているのに改善しない…?何故?<<確認はこちら

高血圧の本当の原因は生活習慣で塩分のとり過ぎでも遺伝でもない可能性が

あるのです。

あなたの原因塩分過多ではないのかも?



それでも、あなたは減塩の味気ない食事でがまんして改善するつもりですか?


それとも・・・

そんな生活習慣病を改善ができるのが【藤城式食事療法】です。

詳しくは【藤城式食事療法】公式サイト<<をご確認下さい。



ポチッとしていただければ
ぴかぴか(新しい)励みになりますぴかぴか(新しい)

人気ブログランキングへ


***********************************************************************************************


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。